調味料

ずっと昔の塩でも使える?塩の賞味期限について

調味料として料理などに使われている塩ですが、実際にはその賞味期限を気にしたことなどあまりありません。

忙しい中で、塩の賞味期限など気にもしない方が大半だと思います。

しかし、ふと疑問に思ってパッケージを見てもその表示記載はありません。
そのため、いつまで使ってよいのかがわからず、ついつい長い期間使ってしまいます。

また、塩は開封してから、いつの間にか固まったりしているのに賞味期限が記載されていないことに不安を抱えてしまう人もいるでしょう。

そこで、今回は塩の賞味期限、いつまでもつのかを紹介していきます。

塩の賞味期限はいつまでもつの

塩のパッケージには、賞味期限が書いていないことがほとんどです。
そのため、大抵の人が賞味期限が塩にはないと思いがちになってしまいます。

では、本当に塩には賞味期限がないのでしょうか?

結論として、予想通りに塩には賞味期限がありません。

ただし、塩はいくら時間が経とうが腐ることはありませんが、その保存の状態、環境によります。

環境によっては品質が低下して本来の味が楽しめませんし、誤った保存をしていると腐ってしまいより一層、品質が低下してしまいます。

なぜ塩には賞味期限が記載されていない?

では、なぜ塩のパッケージには賞味期限が記載されていないのでしょうか?

それは、食品衛生法によって賞味期限を記載しなくていいと定められているからです。

例え、時間が経って塩が固まってしまったとしても、不便なだけ何ら変わりなく塩として食品に使えてしまいます。

そのため、食品衛生法も記載しなくていいと定めたのです。
誤って塩に水などの別の物が混ざってしまった場合は使わない方が良いです。

しかし、塩にも限界があります。

塩の品質を落とさないために知っておきたい保管方法

塩の賞味期限がないからといって、そのまま放置しているのもいけません。

塩本来の味を楽しむためには、きちんとした環境下で保存しその品質をなるべく維持し続けることが大切です。

塩の保存としては、まずその保存温度が気になってきますが、塩の保存は常温で構いません。

しかし、冷蔵庫で保存している方もいますが、そのまま使って晒しておくと結露ができてしまいます。

そのため、使ったらすぐに冷蔵庫に戻さないといけないため、やはり常温で保存することが良いです。

だからといって、パッケージのまま保存するのも品質の低下に繋がってしまいます。

湿気を吸ってしまうと塩は固まってしまうので、保存する際の容器はなるべく密封できる容器などに入れておきましょう。

だからといって、あまり密封するのもいけません。

ただし、普通の容器では気づくとついつい固まってしまうことが多いです。

では、容器に入れているのに塩が固まらないためにはどうすればいいのでしょうか?

湿気を吸ってしまう対策として、塩と一緒に水分を代わりに吸ってくれるものを入れておくことです。

おすすめとしては、乾燥剤をいっしょに入れておくのがおすすめです。

砂糖にも賞味期限は無いの?

ここまでで、塩の賞味期限について説明してきましたが、では一方で砂糖のほうはどうなのでしょうか?

塩に比べてもしかしたら、こちらの砂糖ほうを使う頻度のほうが少ないのかもしれません。
多分ですが、塩よりも砂糖の方が保存が曖昧になってしまっているでしょう。

砂糖に賞味期限があるのか?とのことですが、塩に賞味期限がなかったように、砂糖にも賞味期限はありません。

JAS法でも、賞味期限を記載せずとも良いと定められています。

よって、長期間使っていたとしても保存さえしっかりしていればいつまでもそのままの品質で使えてしまうのです。

砂糖の保存方法とは?

では、その保存方法とは?と疑問に思ってしまいます。

保存は基本塩と同じで、常温で直射日光の当たらない乾いた場所が好ましいです。

塩と同様で、湿気があるとすぐに固まってしまいます。

しかし、これまで説明してきたものは、あくまで開封する前の話です。

開封してからは、冷蔵庫などの冷暗所で保存しましょう。

砂糖は、塩に比べて温度の変化に敏感で弱く、そのため湿気にも乾燥にも弱い食品です。

そのため、砂糖に至っては、開封後は容器に入れ、温度が比較的低くて暗い冷蔵庫などに保存しておきましょう。

冷蔵庫に保存する際の注意点

塩に関しても説明しましたが、冷蔵庫から砂糖を取り出した際、使った後はすぐに元の冷蔵庫に戻しましょう。

使ったまま放置をしていると、すぐに温度差によって結露ができてしまい、砂糖がダメになってしまいます。

また、当然ながら砂糖と塩は別々に保存してください。

同じ感じの物だからと、一緒にしてしまうと塩と砂糖が混じってしまいます。

最後に

私たちが生活していく中で、塩の存在というものは些細なものでしかありません。

しかし、その保存方法を見誤ると本来の塩の味が出ずに品質が低下したまま塩の味を決めてしまいます。

砂糖も同じように保存方法をしっかりとしないと品質が低下してしまいます。

塩と砂糖は、料理では調味料として使うことが多いです。

日常の中で意識さえすれば、料理がより良い味になりきっとより良い生活になります。
この機会にぜひここまで紹介してきた塩、砂糖の保存方法を実践してみてはいかがでしょうか?